بازگشت به صفحه اول مقالات اطلاعيه ها صفحات ويژه روزنه آرشيو شماره هاى قبل سايتهاى ديگر گوناگون - شعر و ادبيات

WPIのメーデー声明

賃金奴隷制度の支配を無くそう!

 

資本化怪物の不況が世界を呑み込んでいる中で今年のメーデーを迎えます。

我々には、景気が回復するまでにあまり飲まず食わずに節約しろとか、無駄な抵抗をせず耐えろうなどと言われるばかりです。しかしこのようにススメをしているのは不況と

貧困と格差と失業を生み出しているのはブルジュワ階級とその支配権自身ではないでしょうか。株価市場の回復のためと金融の破綻を防ぐため我々の大金(血税)を使うかわりに我々には新たなルールつくりをするよと約束されています。我々には、戦争と競争と搾取、天下りと盗みのための政府と官僚が無しで資本主義は成り立たない、と言われています。「この恥知らずめ!」。しかし、こんな連中に従わない場合は我々を待ち構えているのはプロの嘘つく政治家、機動隊の木刀とサイレンガス、逮捕と嘘っぱちの法律と裁判、刑務所などです。これらの全ては我々自身のお金で出来ています。だが、このように使われているお金をもしもまともに使用すれば何世代を養ったり、世界中で貧困と伝染病に苦しんでる人々を救うや、読み書き出来ない人々を無くしたり、自然の破壊を防ぐ事などが出来ます。しかし資本家が支配権を持ち世界の行方を決めている限り現状が変わりません。この連中は幸いで世界に戦争の火花を散らかさなくても我々に今までない程の苦しい生活と格差を押し付けない限り景気を回復させる事は出来ません。場合によっては我々の抵抗を恐れて多少の改善を進めるかも知れません。しかし、新たな不況が訪れるのは確実です。メーデーはこれらの問題に対し世界的にて立ち向かって行く日です。そして、我々の解決案は政治的です。資本主義をなくし未来を自分たちの手でつくるためには町に出るしかありません。我々にとってメーデーの伝統である社会福祉の要求、賃金値上げ、医療保険、労働時間の短軸、人間らしい暮らし、言論の自由とスト権などの要求が重要です。しかし、今年のメーデーにはもっと重要で根本的な要求をテーマにしています。つまり、世界資本家支配と賃金奴隷制度そのものと決着を付けるための闘いです。資本主義を無くすべきです!世界のあらゆる問題を解決するには社会主義の実現しかありません。もはやこの事を世界中の多くの人々が口にしています。そして、この目標の実現に不可欠なのは現社会システムの維持に何の利益を持たない人々、労働者大衆自身に支配権を握らせる事です。この目標を達成させてゴロツキの盗賊と嘘つきのブルジュワ連中の支配を崩壊させるのは多くの人々のメーデーのデモ集会参加を呼び掛けて、実現させるべきです。

 

イランではイスラム的資本家の支配下で長期に渡って政治的、経済的には苦しい状況に置かれている労働者のとってどんな小さな改善のためでも現政権の打倒と、社会主義共和制の即時実現は不可欠な条件です。イラン労働者にとって今年のメーデーは非女性的と非自由的、非労働者的な大金持ち坊主の支配を打倒させる意志を表現する日です。イラン労働者共産党は自由を求めている人々と労働者階級の先頭に立ちイスラム政権の世界的な孤立化を進めると同時に、自由と平等、人間らしい暮らしと社会主義の実現を目指す闘い進行させる目標を持って全力でメーデーを迎えます!

 

世界労働者の日メーデー万歳!

世界労働者の団結万歳!

資本主義の打倒を!

イスラム政権の打倒を!

 

イラン労働者共産党(WPI)    2009年4月3日


بازگشت به صفحه اول